メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第3部 企業はいま/8止 新領域への対応鈍い日本 次世代太陽電池「ドーナツ化」

ペロブスカイト太陽電池を開発した宮坂力特任教授=横浜市青葉区の桐蔭横浜大研究室で2017年9月、荒木涼子撮影

 <科学の森>

 「技術顧問になってほしい」。昨年11月、中国・上海を訪れていた宮坂力(つとむ)・桐蔭横浜大特任教授(光電気化学)に中国企業から声がかかった。宮坂さんは2009年、次世代太陽電池として期待され、世界的に開発競争が激化している「ペロブスカイト太陽電池」を開発した人物だ。宮坂さんの研究室に留学し、その後、中国に戻った研究者の紹介だった。

 ペロブスカイト太陽電池は、現在主流のケイ素系太陽電池に発電効率が近い上に安価で、塗料のように塗って使える利点がある。発表当初の発電効率は3・9%に過ぎず、当時でも20%超だったケイ素系に見劣りしたため注目されなかったが、12年に10%を超えるとにわかに研究競争が激化。今では効率が20%を超え、ケイ素系に近づいている。宮坂さんの論文の引用件数は一気に増え、米情報会社はノーベル賞候補に名を挙げた。

この記事は有料記事です。

残り2107文字(全文2480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです