メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

自動運転の落とし穴=鴨志田公男

 中山幸二・明治大自動運転社会総合研究所長によれば、日本は公道での自動運転実験が世界一やりやすいと言われているそうだ。実験場所は全国で60カ所を超えるという。

 警察庁が出した公道実験のガイドラインを読んでみた。「実験車が道路運送車両の保安基準に適合している」「ドライバーとなる者が運転席に乗車して、緊急時は必要な操作をする」。この条件を満たせば、現行法上は場所や時間を問わず公道実験は可能だ。そう書いてある。なるほど、公道実験のハードルは低い。

 個人的にも、年末年始にレンタカーを運転し、自動運転時代の到来を実感した。

この記事は有料記事です。

残り855文字(全文1114文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです