メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今どきサイエンス

自動運転の落とし穴=鴨志田公男

 中山幸二・明治大自動運転社会総合研究所長によれば、日本は公道での自動運転実験が世界一やりやすいと言われているそうだ。実験場所は全国で60カ所を超えるという。

 警察庁が出した公道実験のガイドラインを読んでみた。「実験車が道路運送車両の保安基準に適合している」「ドライバーとなる者が運転席に乗車して、緊急時は必要な操作をする」。この条件を満たせば、現行法上は場所や時間を問わず公道実験は可能だ。そう書いてある。なるほど、公道実験のハードルは低い。

 個人的にも、年末年始にレンタカーを運転し、自動運転時代の到来を実感した。

この記事は有料記事です。

残り855文字(全文1114文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです