メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

アジア・カップ準々決勝 日本 vs ベトナム

2019年1月24日(木) UAE・ドバイ
日本1

0-0

1-0

0ベトナム

堂安(後半12分=PK)

得点者


アジア杯準々決勝【日本・ベトナム】ベトナムを破って、2大会ぶり4強を決めた日本の選手たち=アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで2019年1月24日、AP

<写真特集はこちら>

     【ドバイ(アラブ首長国連邦)丹下友紀子】サッカーのアジア・カップは第17日の24日、ドバイなどで準々決勝2試合を実施。2大会ぶりの優勝を目指す国際サッカー連盟(FIFA)ランキング50位の日本(F組1位)は、初の4強入りを狙った同100位のベトナム(D組3位)を1―0で降した。日本は優勝した2011年大会以来2大会ぶりのベスト4進出となった。

    <VARで泣き笑い>吉田のゴール取り消され、堂安にPK

    <1トップ起用の北川>「試合ごとに良くなっている実感はある」

    ◇試合後のコメント

    森保監督 ベトナムが辛抱強く戦うチームだとは分かっていた。難しい試合になったが、選手たちは焦れずに、集中を切らさずに戦ってくれた。カウンターで危ないシーンもあったが、失点0に抑えられたことは良かった。一戦一戦成長しながら戦うということを次の試合に向けてもやっていきたい。

    堂安 (後半の先制PKについて)前半はチームとしてもうまくいかない時間が多かったので、やってやったぞ、という気持ちが大きかった。セットプレーの1点しか取れていないというもどかしさはある。次の試合はまたタフな試合になると思うが、引き続きハードワークをして頑張りたい。

    南野 難しい試合展開だったが、チームとして勝ったことが良かった。(VARについて)救われた部分もある。難しいところだが、ルールはルールなので。これからもそのルールは続くので、その中でやっていきたい。サコくん(途中から出場の大迫)の復帰はチームにとって嬉しいニュース。絶対に優勝して日本に帰りたいと思う。

    吉田 前半、細かいミスが多くてリズムを作れなかった。後半はテンポ良くボールを回せるようになった。VARで運良くPKをもらえて、なんとか勝てて良かった。(VARは)AFC、レフェリー側も前例を作るためにも使いたがるだろうと思っていた。(自身のゴール取り消しについて)もしかしたらハンドかなとは思っていた。仕方ないと思うが、逆に後半はイニシアチブを取れたのでフェアかなと思う。


    【試合終了】

    後半45分+4

    【ベトナム】スルーパスに前線で待つグエン・バン・トアンが反応したが、間に合わない

    後半45分+2

    【日本】遠藤が倒され、敵陣中央やや左からのFK。キッカーの柴崎はクロスではなく左サイドの乾への短いパスを選択。キープして時間を使う

    後半45分

    アディショナルタイムは4分

    後半44分

    【日本】南野→塩谷

    後半42分

    【ベトナム】後方からの浮き球のパスに反応したグエン・バン・トアン。ゴール前でおさめかけたが、冨安の守備に遭いシュートは打てない

    後半40分

    【ベトナム】ドー・フン・ズンが右足でミドルを狙う!吉田にシュートコースに入られブロックされてしまう

    後半38分

    【日本】乾がドリブルで仕掛けてスルーパス。堂安が裏に抜け出したが、間に合わずGKダン・バン・ラムにキャッチされる

    アジア杯準々決勝【日本・ベトナム】後半、ボールを競り合う日本の長友=アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで2019年1月24日、AP

    後半34分

    【日本】原口→乾

    後半32分

    【日本】敵陣右サイドで堂安がプレス。パスカットがスルーパスとなると反応した南野がペナルティーエリア右から右足でシュート。GKダン・バン・ラムに阻まれ好機をものにできない

    後半30分

    【ベトナム】ファン・バン・ドゥック→ルオン・スアン・チュン

    後半30分

    【日本】右からのパスを大迫がフリック。ペナルティーエリアに走り込んで堂安から再びパスをを受けるもシュートまでは持ち込めない

    後半28分

    【ベトナム】ペナルティーエリア手前やや左からグエン・フォン・ホン・ズイがミドルシュート!ゴール右に外れる

    後半27分

    【日本】北川→大迫

    後半26分

    【日本】ベンチで大迫が準備を始める

    後半23分

    【日本】右サイドの堂安がサイドチェンジ。左サイドをオーバーラップした長友は使わず、原口が中央へ切り込み右足でシュートを放つ。GKダン・バン・ラムがセーブ

    後半21分

    【日本】左サイドから原口がクロスを供給。抜け出した北川がヘディングシュートを放ったが、オフサイドの判定

    アジア杯準々決勝【日本-ベトナム】後半、クロスボールに頭で合わせる日本の北川=アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで2019年1月24日、AP

    後半20分

    【日本】左サイドから原口が右足でクロスを供給。誰もさわれずゴールに向かっていくボールはGKダン・バン・ラムにはじかれる

    後半18分

    【ベトナム】グエン・チョン・ホアン→グエン・フォン・ホン・ズイ

    後半15分

    【ベトナム】ドゥアン・バン・ハウにイエローカード

    後半12分【GOOOOOOAL】

    【日本】PKキッカーは堂安。ゴール右に突き刺して日本が先制

    アジア杯準々決勝【日本・ベトナム】後半、VARでレフェリーが認めたPKを決める堂安。日本が先制した=アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで2019年1月24日、AP

    後半11分

    【日本】プレーが切れたところで主審が画面の四角を表すジェスチャー。堂安が倒されたプレーがVARで再検証されることに。結果、ファウルと判定され日本がPKを獲得。ブイ・ティエン・ズンにイエローカード

    後半9分

    【ベトナム】グエン・フイ・フン→グエン・バン・トアン

    後半7分

    【日本】敵陣中央から遠藤がミドルを放つ。低い弾道のシュートは枠をとらえていたが、GKにセーブされる

    後半6分

    【日本】原口のパスを受けた堂安がペナルティーエリアで倒されるもノーファウルの判定

    後半5分

    【日本】右サイド、パス交換から抜け出した酒井が深い位置からクロス。柴崎が頭で合わせるもネットは揺らせず

    後半3分

    【日本】最終ラインの吉田がロングフィード。堂安が裏に飛び出して頭でさわったが、セカンドボールは相手に奪われてしまう

    【後半開始】


    【前半終了】

    前半45分

    【日本】敵陣中央から柴崎がペナルティーエリア右にいた堂安へパス。堂安のスルーパスに反応した南野が右足を思い切り振り抜く!至近距離からのシュートはGKダン・バン・ラムにセーブされてしまう

    前半42分

    【日本】敵陣右サイドからのFK。堂安の蹴ったボールは飛び出してきたGKダン・バン・ラムにパンチングでクリアされる

    前半39分

    【ベトナム】バックパスを受けたGK権田にファン・バン・ドゥックが激しいプレス。ペナルティーエリアで権田からのパスを受けた吉田のトラップが大きくなったところを見逃さずにボールを奪うと、パスグエン・クアン・ハイがシュートを放つ。しかし、一気に寄せてコースを消した権田に阻まれる

    前半37分

    【ベトナム】アタッキングサードでパスをつなぎ、最後はファン・バン・ドゥックがシュートを放つ。これはGK権田にセーブされ、ネットは揺らせない

    前半36分

    【ベトナム】ドゥアン・バン・ハウが左サイドからクロス。しかし、味方にはつながらず流れてしまう

    前半29分

    【日本】右サイドから柴崎がクロス。フリーの冨安が頭で合わせるもGKの好セーブに阻まれ、ゴールには結び付かず

    前半27分

    【ベトナム】グエン・コン・フオンがハーフウエーラインからドリブルで仕掛ける。ペナルティーエリア左に進入すると右足でゴール右を狙ったシュートを放つ。しかし、枠をとらえられない

    前半24分

    【日本】左サイドからのCK。柴崎の蹴ったボールに吉田が飛び込み頭で押し込む!ネットを揺らし、一度はゴールを認められたがその後主審が画面の四角を表すジェスチャー。VARの結果、吉田にハンドがあったとして判定が覆りノーゴールに

    アジア杯準々決勝【日本・ベトナム】前半、コーナーキックから吉田のヘッドで日本が先制、選手たちは喜んだが、VAR(ビデオアシスタントレフェリー)でハンドを取られ、ゴールは無効となった=アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで2019年1月24日、ロイター

    前半23分

    【日本】北川がペナルティーエリア左へスルーパス。原口が走り込んでシュートを放つもDFに阻まれる

    前半22分

    【日本】敵陣でボールをつなぎ、攻撃の機会をうかがう。冨安がロングボールを前線に送ったが、やや大きく、北川には合わない

    前半19分

    【日本】敵陣中央やや右サイドからのFK。柴崎の蹴ったボールに冨安はやや下がりつつ頭で合わせる。シュートは枠をとらえられない

    前半14分

    【ベトナム】DFに競り勝ってクリアボールを拾ったグエン・コン・フオンがドリブル。一人攻め上がるとスタンドからは大きな歓声。ペナルティーエリア手前からシュートを放ったが、ゴール左に外れる

    アジア杯準々決勝【日本・ベトナム】前半、ボールを競り合う日本の堂安=アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで2019年1月24日、AP

    前半9分

    【日本】敵陣右サイドからのスローインから裏に抜け出した酒井が鋭いクロスを供給。しかし、DFにクリアされる

    前半6分

    【日本】ハーフウエーライン付近でボール奪取した柴崎がすかさずCBの間へスルーパス。前線の味方は反応できず、相手ボールに

    前半3分

    【ベトナム】敵陣右サイドでボールを持ったグエン・コン・フオンが攻める。ドリブルで持ち上がりペナルティーエリア右に進入しようとしたが、吉田に対応される

    前半1分

    【日本】敵陣右サイドから遠藤が大きくサイドチェンジ。しかし、左サイドで待っていた原口にはつながらない

    【試合開始】

    日本のボールでキックオフ


    両チームの選手たちがピッチに登場。日本のキャプテンマークは吉田が巻く

    アジア杯準々決勝【日本・ベトナム】日本の先発メンバー=アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで2019年1月24日、ロイター

     【ドバイ(アラブ首長国連邦)丹下友紀子】サッカーのアジア・カップ準々決勝で、2大会ぶり5回目の優勝を狙う日本(F組1位)が24日午後5時(日本時間同10時)から当地で対戦するベトナム(D組3位)は、最近急速に力をつけている。

     国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本の50位に対して100位とあって、朴恒緒監督は「日本が我々より強いのは明らか」と控えめだが、決して侮れない。

     昨年1月のU23(23歳以下)アジア選手権では準優勝し、昨夏のアジア大会では森保一監督が率いたU21(21歳以下)日本代表に1-0で勝利した。さらに昨年12月のスズキカップ(東南アジア選手権)も制した。今大会の登録メンバー23選手の平均年齢は23歳と若いが、実績と経験は申し分ない。

     躍進の背景には、若年層の育成体制の強化がある。朴監督は「ベトナム経済の成長に合わせるようにサッカーへの投資が行われてきた」と説明する。J2大宮やJ1の神戸などで指揮した三浦俊也氏(55)が、2014年から1年半、ベトナムのフル代表と五輪代表監督を務めるなど、海外から指導者を招いて強化を図ってきた。

     アジア・カップへの出場は母国開催だった07年大会以来2回目。今大会は1次リーグを1勝2敗ながら突破し、決勝トーナメント1回戦ではヨルダンをPK戦の末に破った。既に目標としていた16強をクリアして勢いづいたチームは、さらに上位を目指している。

    ◇日本のスターティングメンバー

    GK:権田修一(鳥栖)

    DF:長友佑都(ガラタサライ)、吉田麻也(サウサンプトン)、冨安健洋(シントトロイデン)、酒井宏樹(マルセイユ)

    MF:遠藤航(シントトロイデン)、柴崎岳(ヘタフェ)、南野拓実(ザルツブルク)、原口元気(ハノーバー)、堂安律(フローニンゲン)

    FW:北川航也(清水)

    <準々決勝の相手>ベトナム代表について知っておきたい7つのこと

    <不動の司令塔先発へ>柴崎“心臓の自覚”休めない 止まれない

    <ベテラン長友>ベトナムの若さ警戒「彼らは永遠に走れる」

    <準々決勝からVAR導入>吉田麻也「プレーをやり切ることが大事」

    <王座奪還へ!>決勝トーナメント表を見る

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
    2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
    3. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
    4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
    5. がん・ステージ4からの眺め 食べて寝るだけで貴い

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです