岩屋防衛相ら韓国写真に反論「脅威与える意図も理由もない」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
岩屋毅防衛相=宮間俊樹撮影
岩屋毅防衛相=宮間俊樹撮影

 韓国軍艦艇が海上自衛隊哨戒機から「威嚇飛行」を受けたと主張している問題で、岩屋毅防衛相は24日、韓国国防省が公開した写真について記者団に「哨戒機が脅威を与える意図も理由もない」などと述べ、韓国の主張を重ねて否定した。事態の沈静化を求める日本側は新たな飛行記録などの公表には慎重だが、韓国の画像公開には「こちらはきちんと高さも距離もデータを持っている」(政府関係者)と自信を示している。

 自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長は記者会見で「飛行記録も取っているが、安全な高度・距離を保っていた。韓国側の数字とは異なる」と指摘。哨戒機が高度150メートル以上、韓国艦艇からの距離は1000メートル以上あったとした。韓国側からの無線での呼びかけには「国際法や国際慣例に基づき、安全な距離と高度で飛行している旨の回答を行った」と語った。

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文548文字)

あわせて読みたい

ニュース特集