メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪都構想法定協、正常化めど立たず 代表者会議

 大阪都構想の制度案(協定書)を議論する法定協議会(法定協)の代表者会議が24日あり、今井豊法定協会長(大阪維新の会)は次回法定協を29日に開催すると通告した。公明党などは前回提案した動議の採決を求めたが、今井会長は拒否。維新以外の他会派は一方的な運営に反発して出席に難色を示し、空転している法定協が正常化する見通しは立たないままだ。

 今井会長は29日の法定協で、府・市の事務方への質疑と委員間協議を要請。維新以外の各会派は、23日の法定協で公明が提案し、独断的な運営を批判して当日の議論打ち切りを求めた動議の採決のほか、松井一郎知事が11日の法定協で「あほ」と不適切発言をしたとして謝罪を要望。協議は平行線をたどった。

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 吉沢悠が新型コロナ感染で入院 「咳、背中の痛み…」PCR再検査で「陽性」確認

  2. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. 朝鮮人追悼式 小池都知事、今年も追悼文を出さない意向

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです