22基幹統計で不適切処理 総務省「重大不正ない」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 総務省は24日、厚生労働省が発表する毎月勤労統計の不正調査問題を受け、特に重要な政府の56基幹統計を点検した結果、勤労統計を含む22統計で延べ31件の不適切な処理が新たに判明したと発表した。数値の誤りのほか、必要な集計や公表をしていないなどの事例があった。総務省は、調査手法の不正や国民生活に影響する重大な問題はないとする一方、大半の21統計で「統計法違反の可能性がある」と指摘した。政府統計のずさんさに一層批判が高まるのは必至だ。

 不適切処理があった統計の数は、総務省3(所管する基幹統計数14)▽財務省1(同1)▽文部科学省2(同4)▽厚労省4(同9)▽農林水産省2(同7)▽経済産業省3(同10)▽国土交通省7(同9)。

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文1055文字)

あわせて読みたい

注目の特集