メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古県民投票、全県で実施へ 3択を与野党合意

沖縄県名護市辺野古沿岸部=2018年12月14日、本社ヘリから

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設の賛否を問う県民投票(2月24日)を巡り、県議会の各派代表者会が24日あり、投票時の選択肢を「賛成」「反対」の2択から「どちらでもない」を加えた3択に増やす県民投票条例の改正に与野党が合意した。29日の臨時会に県が改正案を提出し、全会一致で成立する見通し。投票実施を拒否していた5市の市長も態度を見直すとみられ、全41市町村で投票が実施される見込みとなった。

 5市(宜野湾、沖縄、うるま、宮古島、石垣)の不参加表明で有権者の3割が投票できない状況となっていたが、投票日まで1カ月と迫った中、県議会与野党が3択案で合意したことで全県下での実施に向けて大きく事態が転換した。

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文754文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  2. ドローン最前線 「無限の殺りく兵器」になるのか 分かれ目となる「自律化」と「群れ」

  3. ORICON NEWS 竹内結子、第2子出産後初の公の場 息子の成長に感慨

  4. この国に、女優・木内みどりがいた <6>急逝2カ月半前 パキスタンのスラムで何を見たのか

  5. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです