辺野古県民投票、全県で実施へ 3択を与野党合意

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
沖縄県名護市辺野古沿岸部=2018年12月14日、本社ヘリから
沖縄県名護市辺野古沿岸部=2018年12月14日、本社ヘリから

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設の賛否を問う県民投票(2月24日)を巡り、県議会の各派代表者会が24日あり、投票時の選択肢を「賛成」「反対」の2択から「どちらでもない」を加えた3択に増やす県民投票条例の改正に与野党が合意した。29日の臨時会に県が改正案を提出し、全会一致で成立する見通し。投票実施を拒否していた5市の市長も態度を見直すとみられ、全41市町村で投票が実施される見込みとなった。

 5市(宜野湾、沖縄、うるま、宮古島、石垣)の不参加表明で有権者の3割が投票できない状況となっていたが、投票日まで1カ月と迫った中、県議会与野党が3択案で合意したことで全県下での実施に向けて大きく事態が転換した。

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文754文字)

あわせて読みたい

注目の特集