メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輸出過去最高も黒字幅減 九州・山口・沖縄9県の18年貿易統計

 門司税関が23日発表した九州・山口・沖縄9県の2018年の貿易統計(速報値)によると、輸出総額は前年比0.9%増の9兆352億円と、前年に続き過去最高を更新した。半導体等製造装置は落ち込んだものの、自動車などの輸出が堅調だった。

     輸入総額は、原油価格の上昇などで12.5%増の7兆4743億円。輸出の伸びを大幅に上回ったため、輸出から輸入を差し引いた貿易黒字は32.3%減の1兆5608億円だった。貿易黒字は4年連続。

     輸出は、自動車が中国や中東向けが好調で2.5%増の2兆2059億円と過去最高だった。一方、半導体等製造装置は韓国を中心にした設備投資の減速が響き、19.5%減の6415億円だった。

     12月単月でも、半導体等製造装置の輸出額が前年同月比57.7%減の319億円、半導体等電子部品も20.0%減の605億円と半導体関連の落ち込みが目立ち、全体の輸出総額は5.2%減の7614億円と、5カ月ぶりに前年同月を下回った。【高橋慶浩】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
    2. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
    3. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
    4. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
    5. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです