メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「シェア」に保険、続々 万一に備え、普及促進

ロボット掃除機を利用する佐藤あかねさん=東京都大田区で2019年1月8日、後藤豪撮影

 モノや設備などを必要な時に融通し合う「シェアリングサービス」に対し、大手損害保険各社が専用保険の提供を始めている。利用する期間だけに区切って補償することで、手ごろな保険料で万一の事故やトラブルに備えられるのが特徴で、シェアリングエコノミーの普及に合わせて需要拡大が予想されている。

 東京海上日動火災保険は昨年10月から、ベンチャー企業「ピーステックラボ」(東京都渋谷区)が展開する物品貸し借りサービス「アリススタイル」に対し、物品を汚したり傷つけたりした場合の損害を1日単位で補償する保険を提供している。

 東京都大田区の会社員、佐藤あかねさん(30)は今月4日から1週間、窓用のロボット掃除機をレンタルし…

この記事は有料記事です。

残り990文字(全文1293文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです