メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「シェア」に保険、続々 万一に備え、普及促進

ロボット掃除機を利用する佐藤あかねさん=東京都大田区で2019年1月8日、後藤豪撮影

 モノや設備などを必要な時に融通し合う「シェアリングサービス」に対し、大手損害保険各社が専用保険の提供を始めている。利用する期間だけに区切って補償することで、手ごろな保険料で万一の事故やトラブルに備えられるのが特徴で、シェアリングエコノミーの普及に合わせて需要拡大が予想されている。

 東京海上日動火災保険は昨年10月から、ベンチャー企業「ピーステックラボ」(東京都渋谷区)が展開する物品貸し借りサービス「アリススタイル」に対し、物品を汚したり傷つけたりした場合の損害を1日単位で補償する保険を提供している。

 東京都大田区の会社員、佐藤あかねさん(30)は今月4日から1週間、窓用のロボット掃除機をレンタルし…

この記事は有料記事です。

残り990文字(全文1293文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです