メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

韓国、「威嚇飛行」の画像公開 レーダーデータも

海自哨戒機が韓国軍艦艇の右舷を通過した時のものとして公開された画像。韓国側は高度約60メートルとしている(中央は韓国艦艇の通信アンテナ)=韓国国防省提供 

 【ソウル堀山明子】韓国国防省は24日、自衛隊哨戒機が最近も「低空威嚇飛行」を行った証拠として、駆逐艦「大祚栄(テジョヨン)」が撮影した写真3枚とレーダーデータ画像2枚をメディアに公開した。当初は動画の公開を検討していたが、短い映像だったため、画像公開にとどめたという。

 画像のうち1枚は、駆逐艦の通信アンテナ越しにP3C哨戒機が飛行する様子を映しており、字幕で高度約60メートルと記された。海面は写っておらず、写真だ…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文523文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです