メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国、「威嚇飛行」の画像公開 レーダーデータも

海自哨戒機が韓国軍艦艇の右舷を通過した時のものとして公開された画像。韓国側は高度約60メートルとしている(中央は韓国艦艇の通信アンテナ)=韓国国防省提供 

 【ソウル堀山明子】韓国国防省は24日、自衛隊哨戒機が最近も「低空威嚇飛行」を行った証拠として、駆逐艦「大祚栄(テジョヨン)」が撮影した写真3枚とレーダーデータ画像2枚をメディアに公開した。当初は動画の公開を検討していたが、短い映像だったため、画像公開にとどめたという。

 画像のうち1枚は、駆逐艦の通信アンテナ越しにP3C哨戒機が飛行する様子を映しており、字幕で高度約60メートルと記された。海面は写っておらず、写真だけでは高度の確認はできない。23日午後2時3分、哨戒機が駆逐艦の右舷を通過し始めた時の様子という。

 軍合同参謀本部関係者は、この時の高度は約60メートル、距離は約540メートルだったと主張。データ画像は哨戒機の高度が200フィート(約61メートル)だったことを示す証拠とし「哨戒機が明白な低空威嚇飛行をした」と述べた。

 威嚇飛行問題に関連して韓国青瓦台(大統領府)は24日、国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開催し、「深刻な憂慮」を示し、厳重に対応していくことを決定。軍合同参謀本部幹部も24日、与党「共に民主党」幹部らと会談し、今後、哨戒機が接近してきた場合に備え、段階別に警告通信を強めるなど対策を強化する考えを示した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. プロ野球 中日・松坂、腕引かれ右肩炎症 選手の安全か、ファン優先か 警備強化、対応に苦慮
  4. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」
  5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです