メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドクターカー到着30分遅れ 名称似た医院と間違え 心肺停止の新生児は死亡

 奈良県総合医療センター(奈良市)は23日、難産で心肺停止状態の新生児を受け入れるため、今月18日に県内の産科医院に同センターの医師がドクターカーで向かった際、誤って名称の似た別の医院に行って到着が約30分遅れたと発表した。新生児は直後に死亡が確認された。同センターは「出産直後から救命措置が施され、到着遅れと死亡に因果関係はない。再発防止を徹底する」としている。

 同センターは県内の周産期医療の中心施設の一つ。同センターによると、18日午後1時4分、医院から電話…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文501文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  2. 関西大も「まずは一安心」 容疑者逮捕でほとんどの学校は通常通り朝から授業 拳銃強奪
  3. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  4. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  5. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです