インフルエンザで入居者1人死亡 京都の障害者支援施設

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 京都府南丹市の障害者支援施設「京都太陽の園」は23日、入所者の男性(66)1人がインフルエンザに感染して死亡したと発表した。

 同園によると、今月12~18日、男性を含む入所者22人と職員1人がインフルエンザを発症。男性は15日に発熱などがあり市内の病院に入院したが、23日に肺炎などで死亡した。男性…

この記事は有料記事です。

残り66文字(全文216文字)

あわせて読みたい

ニュース特集