大阪市建設局を家宅捜索 官製談合容疑で 大阪地検特捜部

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪市建設局へ家宅捜索に入る大阪地検の係官ら=大阪市住之江区で2019年1月24日午前8時59分、小出洋平撮影
大阪市建設局へ家宅捜索に入る大阪地検の係官ら=大阪市住之江区で2019年1月24日午前8時59分、小出洋平撮影

 大阪市発注の電気工事を巡って談合が行われた疑いが強まったとして、大阪地検特捜部は24日午前、官製談合防止法違反などの疑いで、大阪市建設局(同市住之江区)や、電気工事会社「アエルテクノス」(同市中央区)などの家宅捜索を始めた。関与したとされる複数の市職員や会社関係者から事情を聴き、立件するとみられる。

 関係者によると、複数の電気工事の入札を巡り、職員数人が価格情報を漏らした疑いが持たれている。特捜部は、職員らが会社側から利益の提供を受けていなかったかも追及し、実態解明を目指す。

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文562文字)

あわせて読みたい

注目の特集