メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白砂青松に危機 天橋立で広葉樹本格伐採へ

松並木の中で大きくなった広葉樹。白砂青松の景観保全へ、府は本格伐採に入る=宮津市の天橋立で2018年11月9日、安部拓輝撮影

 白砂青松の天橋立(京都府宮津市)に広葉樹が茂っている。砂が減った浜に山の土を入れたことが一因だが、放っておくと松の育ちに悪影響が生じる。人の手によって受け継がれてきた松林を保全しようと、府は3月にも広葉樹の本格伐採に乗り出す。5年をかけて徐々に取り除き、昔の景観を取り戻す計画だ。【安部拓輝】

 砂浜に生えている広葉樹は約600本。16日に開かれた景観保全委員会で了承された計画では、天橋立神社がある周りの森を除くエリアで広葉樹の大半を5年かけて伐採する。ヤマモモやヤマザクラは松の生育に影響のない範囲で残すという。

 天橋立は宮津湾と内湾の海流によって砂が運ばれて形作られた。約600年前に雪舟が描いた国宝「天橋立図…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 三重南部で猛烈な雨 尾鷲市で9353世帯に避難指示

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです