メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白砂青松に危機 天橋立で広葉樹本格伐採へ

松並木の中で大きくなった広葉樹。白砂青松の景観保全へ、府は本格伐採に入る=宮津市の天橋立で2018年11月9日、安部拓輝撮影

 白砂青松の天橋立(京都府宮津市)に広葉樹が茂っている。砂が減った浜に山の土を入れたことが一因だが、放っておくと松の育ちに悪影響が生じる。人の手によって受け継がれてきた松林を保全しようと、府は3月にも広葉樹の本格伐採に乗り出す。5年をかけて徐々に取り除き、昔の景観を取り戻す計画だ。【安部拓輝】

 砂浜に生えている広葉樹は約600本。16日に開かれた景観保全委員会で了承された計画では、天橋立神社がある周りの森を除くエリアで広葉樹の大半を5年かけて伐採する。ヤマモモやヤマザクラは松の生育に影響のない範囲で残すという。

 天橋立は宮津湾と内湾の海流によって砂が運ばれて形作られた。約600年前に雪舟が描いた国宝「天橋立図…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです