メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザ、高齢者は要注意 施設での予防・対策を

インフルエンザ患者数の推移

 インフルエンザは特に高齢者が気をつけなければならない感染症だ。感染すると気道が傷つき、肺炎になって命の危険もある。心臓病や糖尿病なども悪化しやすくなるため、持病のある人はリスクが大きい。2017年には全国で2569人がインフルエンザで死亡している。

 厚生労働省によると、インフルエンザで医療機関を受診した人は、直近の1週間(7~13日)に全国で164万人、うち60代以上は25万人と推計。今冬の累計は329万人に上る。高齢者施設での集団感染も相次いでいるため、厚労省は22日に都道府県に対し、施設での感染対策マニュアルの周知と予防対策を求めた。

 施設でのインフルエンザの集団感染は、外から持ち込まれたウイルスが引き金になることが多い。新しい入所…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. ホテルルートイン 益田に きょう開業 /島根

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです