メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフル猛威、今冬329万人に 感染死亡や転落事故も

インフルエンザ患者数の推移

 全国的にインフルエンザが猛威を振るい、病気がちな高齢者などが集団感染し、死亡するケースや、意識がもうろうとした患者によるとみられる転落事故も起きている。医療機関の受診者数は13日までの1週間で推計約164万人に達し、今冬の累計も329万人に跳ね上がり、厚生労働省も注意を呼びかけている。【鈴木敦子、山本康介、春増翔太】 

 前橋市の特別養護老人ホーム「えいめい」では17日までに入所者35人が集団感染し、80~90代の5人が死亡した。市保健所は「死因は肺炎や老衰などだが、インフルエンザが影響した可能性もある」と話している。いずれもインフルエンザA型だった。

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文972文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  2. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  3. 混乱続く国民「分党劇」 背景に代表と幹事長の合流巡る対立 地方は恨み節

  4. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  5. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃え、競走馬4頭死ぬ 3人病院搬送 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです