メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

大坂が日本勢初の決勝進出 全豪テニス

プリスコバを降し、全豪テニス決勝進出を決めた大坂なおみ=AP

 【メルボルン新井隆一】テニスの4大大会第1戦、全豪オープン第11日は24日、当地で行われ、女子シングルス準決勝で昨年の全米オープンに続く4大大会2連勝を目指す第4シードの大坂なおみ(日清食品)が第7シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)を6―2、4―6、6―4で降し、全豪で日本選手初の決勝進出を果たした。26日午後7時半(日本時間同5時半)からの決勝では、第8シードのペトラ・クビトバ(チェコ)と対戦する。決勝進出により、大会後に発表される世界ランキングで、大坂は2位以内が確定。クビトバに勝てば、世界1位となる。

 カロリナ・プリスコバとの過去の対戦成績は1勝2敗と分が悪く、昨年の全米オープン後の凱旋(がいせん)…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文710文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです