メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の事件ジャーナリズム史

(2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

逮捕された少年たちの口から反省の声も聞かれ始めました。毎日新聞は事件の11年後の2000年6月、改めて逮捕された少年とその母親を取材し、罪の深さに苦しむ声を伝えています

 私は記者として100件以上の殺人事件を取材しました。もちろん人の命に軽重はなく、どの事件も悲惨で残酷であることには変わりはありません。また未解決の事件は遺族の方々の無念を思うと胸ふさがれるものがあります。しかし、最も重く胸に沈んでいる事件と聞かれれば、今回取り上げる綾瀬・女子高生コンクリート詰め殺人事件を真っ先に挙げます。平成に入ってまもなくの1989年3月に発覚したこの事件は、その陰惨さにおいて犯罪史を画するものです。

 事件を振り返りながら、犯罪被害者の人権と報道について考えます。

この記事は有料記事です。

残り1871文字(全文2116文字)

小川一

1958年生まれ。1981年に毎日新聞社入社。社会部で事件取材を長く担当。社会部長、編集編成局長、取締役・編集編成担当などを経て18年6月から毎日新聞グループホールディングス取締役。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです