連載

若松孝二とその時代

2012年10月17日に若松孝二監督が突然の事故で逝ってから5年半余りがたった。「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」「キャタピラー」「水のないプール」「天使の恍惚(こうこつ)」「赤軍-PFLP・世界戦争宣言」「犯された白衣」など、日本映画史に残る傑作、問題作を数多く残した鬼才の死を惜しむ声は今も少なくない。「映画を武器に世界と闘う」「日本映画界をブチ壊す」--。半世紀にわたって、体制への怒りと反抗心をむき出しにした若松監督がこの国にもの申し、時代を撃ち続けた力の源泉とは何だったのか。ゆかりの深かった関係者へのインタビューなどから、にんげん・若松孝二の原点と魅力に迫る。

連載一覧

若松孝二とその時代

(17)「止められるか、俺たちを」スタッフ座談会・上

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「止められるか、俺たちを」のオープニング場面。右端は、若松プロの助監督だった故・吉積恵を演じる門脇麦さん。1960年代末から70年代初頭の擦れた空気感が漂う=若松プロ提供
「止められるか、俺たちを」のオープニング場面。右端は、若松プロの助監督だった故・吉積恵を演じる門脇麦さん。1960年代末から70年代初頭の擦れた空気感が漂う=若松プロ提供

 若松孝二監督の映画作りは低予算で、しかも短期間で仕上げることを求められるなど厳しい環境の中で繰り返されてきた。それを支えたのは「若松組」と呼ばれたスタッフたちだ。「若松孝二とその時代」第17回は、若松プロの新作「止められるか、俺たちを(止め俺)」で再結集したスタッフの座談会(上)をお届けする。顔を合わせたのは、監督の白石和彌、プロデューサーの大日方教史、脚本の井上淳一、撮影の辻智彦、照明の大久保礼司、助監督の井上亮太の6人。いずれも晩年の映画作りには欠かせなかった面々である。若松の死後それぞれ活動してきたが、1960年代末から70年代初めの若松プロを描いた「止め俺」で再結集した。若松監督の死後、悶々(もんもん)とした日々を過ごしてきた彼らは、今回の映画化に何を思い、どう向き合ってきたのか。笑いが絶えなかった座談会からは、若松のDNAを引き継ぐ映画人としての自負心と共に、これからも日本映画界をリードしていくという気概が感じられた。【鈴木隆】

この記事は有料記事です。

残り4893文字(全文5319文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集