メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ブレグジット、再国民投票陳情で25%の割引ピザ ロンドン店主が企画

1月23日、ロンドンのピザ店経営者が、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)の是非を問う国民投票の再実施を求める書簡を議員に送付した人には25%割引でピザを提供する企画を打ち出した(2019年 ロイター/Henry Nicholls)

[PR]

 [ロンドン 23日 ロイター] - ロンドンのピザ店経営者が、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)の是非を問う国民投票の再実施を求める書簡を議員に送付した人には25%割引でピザを提供する企画を打ち出した。

     この経営者、オリバー・ケニーさんは「ブレグジット反対派ではない」と述べた上で「イタリアから大量のフレッシュチーズを購入しており、これはカレー(港)の大型トラック用駐車場に置いたままにはできない。供給経路が知りたい。現状では計画が建てられない」と説明した。

     ケニーさんはまた、缶詰トマトや小麦粉をナポリから調達している。

     従業員の5人が欧州本土出身者であることから、従業員についても懸念。「ビザや書類の問題が発生するなら、それもできるだけ早く知っておきたい」と述べた。

     企画に賛同した20人の顧客の1人は、素晴らしいと賞賛。「(企画は)人々に(ブレグジットへの)関心をもたせる。多くの人は、合意なき離脱はすべてが現状維持されることを意味すると考えているようだが、もちろん、そうではなく、まったくの大失態になる」と述べた。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

    2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

    3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

    5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです