メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

香港株、亥年の2019年は大幅変動 恒例の風水相場予想

 1月23日、香港の有力投資銀行CLSAは、毎年恒例の風水を活用した香港株式市場の相場予想で、亥年の2019年は大幅変動が見込まれるとし、大きな利益を得ることよりも損失を抑えることに投資家は注力すべきだとアドバイスした。写真は2015年7月、株価をチェックする投資家。香港で撮影(2019年 ロイター/Tyrone Siu)

[PR]

 [香港 23日 ロイター] - 香港の有力投資銀行CLSAは23日、毎年恒例の風水を活用した香港株式市場の相場予想で、亥年の2019年は大幅変動が見込まれるとし、大きな利益を得ることよりも損失を抑えることに投資家は注力すべきだとアドバイスした。

     CLSAは、毎年旧正月前に公表する風水指数リポートで、勤勉と愛情のシンボルであるイノシシが干支の19年は、相場が「小さな争いごとや嫌な心持ち」の影響を受けやすいと予測した。

     香港のハンセン指数は春節(旧正月)明けに下げが見込まれるが、5月と6月にセンチメントが改善する。7月と9月には軟調となり、その後11月になり大幅上昇するが、12月には下げに転じる見通し。

     中国占星術の5要素、木・火・土・金・水に基づくと、19年は土の亥年。土に分類される建設・不動産株は、夏の終わりにかけて上昇が見込まれる。観光、物流、サービス、海運関連株は下半期に上昇する見通し。

     テクノロジーやインターネット、通信、ユーティリティーが有望業種。金融や機械など、金に分類される業種への投資は控えた方がいいという。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

    2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

    3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

    4. 明浄学院元理事長、自ら虚偽文書作成 1億円出金、当初から流用目的か

    5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです