メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

同乗者の快適性ならコレ! ミニバンマイスターが評価する後席乗り心地ランキングTOP5

情報提供:カートップ

同乗者の快適性ならコレ! ミニバンマイスターが評価する後席乗り心地ランキングTOP5

静止状態で快適でも走ると評価が変わるので難しい

 ミニバンの後席快適性を評価するのは容易ではない。それは、広さはもちろん、グレードによるタイヤサイズの違い、マイナーチェンジ前後で乗り心地が激変することもあり、また2/3列目席でも評価がわかれるからだ。

 さらに言えば、同じミニバンの2列目席でも、ベンチシート、キャプテンシート、キャプテンシートの仕様の違いで乗り心地の印象が変わることさえあるのだからやっかいなのである。

ミニバン

 ちなみに、ミニバンの特等席となる2列目席では、意外にもベンチシート、キャプテンシートの凝った機能を持たないもののほうが、乗り心地がよく感じられることがある。その理由はシートの重さ、重心高、シートスライド機構、それに伴うシート取り付け部剛性が影響するからである。セダンの後席の乗り心地が最上と言われるのは、シートスライドがなく、比較的軽量で、シート左右端がボディーに密着しているからだ。

 その点、ミニバンの2列目席はフロアに浮いているようなもので、豪華さを追求すればするほど重く、重心が高くなり、とくに前後スライドだけでなく、左右にもスライドするシートの場合は振動面などで不利になりやすい……という理屈である。

 とはいえ、ミニバンの2列目席にシートスライドは不可欠で、キャプテンシートのぜいたくな居心地はミニバンならではの大きな魅力。ここでは2列目キャプテンシート仕様のミニバンを中心に、かけ心地、乗り心地を評価したい(※新型デリカD:5の後席には未試乗のため、評価の対象になっていません)。

1)ホンダ・オデッセイ

 ミニバンの2列目席のシートのかけ心地、乗り心地で大いに評価できるのが、ホンダ・オデッセイ7人乗りの全タイプに装備されるプレミアムクレードルシート。

ミニバン

 シート表皮裏に厚めのウレタンクッションがラミネートされ、シートバックを倒しても目線が前を向いたままになるゆりかご機能を備え、170度までリクライニング可能。ロングスライド時の足もとの広さもさることながら、シートの取り付け部剛性がしっかりしていて、振動が少なく、静かでぜいたく感に満ちた居心地、乗り心地が味わえる。

ミニバン

 3列目席はエスティマよりフロアに対して高めにセットされ、ソファ的かつ太もも裏が座面に密着する自然な掛け心地が好印象。こちらもシート振動、車外から進入する騒音が抑えられ、降車性も文句なしと言っていい。

ミニバン

2)ホンダ・ステップワゴン

 Mクラスボックス型ミニバンでもヴォクシー&ノア、セレナと違い、唯一2列目席キャプテンシートが左右スライドができないのがホンダ・ステップワゴン。

ミニバン

 そのデメリットをひっくり返すのが、取り付け部剛性の高さによるシート振動の少なさ。基本的な乗り心地の良さと合わせ、2列目キャプテンシートのかけ心地は、3車を同時比較した経験上、クラス最上。スパーダでもHVはあえて乗り心地にこだわった16インチタイヤを履き、微低速域でよく動くダンパーの採用で乗り心地そのものが極めて上質でマイルド。それでいてカーブなどでフラつかず、ロールが抑えられ、最上級グレードのG-EXホンダセンシングの場合、荒れた路面でさえ乗り心地のビリビリ、ザラザラ感がないのは、ぜいたくにも前後パフォーマンスダンパーをおごっているからにほかならない。

ミニバン

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」
  5. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです