メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

作家・甘糟りり子さん 季節の移ろいゆったり 古民家に暮らす喜び

 

 目の前に海が広がる江ノ島電鉄の駅から緩やかな坂を上っていくと、草木に囲まれた1軒の民家が見えてきた。戦前に別荘として建てられた数寄屋造りの家と、福井から移築した合掌造りの家がつながった古民家だ。

 5年前、父で元マガジンハウス副社長の章さんが亡くなったのをきっかけに、小さい頃の思い出があふれる実家にあるじとして戻った。今は、野草をテーマにしたエッセーで知られる母の幸子さんとの2人暮らし。

 「家と改めて向き合ってみると、家が生きている気がします。不便で思い通りにはいかないけれど、季節や時…

この記事は有料記事です。

残り1375文字(全文1620文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです