メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・トピックス

ヴィクトリア女王 最期の秘密

 1887年、アブドゥル(アリ・ファザル)はヴィクトリア女王(ジュディ・デンチ)即位50周年記念式典で金貨贈呈の役割を与えられる。女王は英領インドからイギリスへとやって来た彼の臆することのない朗らかな振る舞いを気に入り、従僕としてそばに置きはじめる。彼を通して異国の文化や言葉について学ぶ日々は女王にとって新鮮なものだったが、王宮側の心配の声は次第に高まっていく。

 史実をベースに人種も宗教も超えて心を通わせたふたりの物語を描いた人間ドラマ。夫亡きあとの従僕との恋を描く「Queen Victoria至上の恋」でもヴィクトリア女王を演じたデンチは、おちゃめさと気品が同居するさすがの名演を披露。イギリスの名匠、スティーヴン・フリアーズ監督は、ふたりの交流と周囲の困惑をユーモアも交えて描き出した。偏見を持つことなく好奇心とときめきに正直に行動した女王は、多様性の時…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです