渋谷区

民泊事業の適正化を 3警察署と連携協定 /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 渋谷区は23日、マンションなどの空室を宿泊場所として貸す「民泊」事業の適正な運営を確保するため、区内を管轄する渋谷、原宿、代々木の3署と協力連携協定を結んだ。

 区民の安全で安心な生活環境を維持するため、違反施設に対し(1)指導、監督などを行う場合は区と警察が連携し、法令に基づき必要な措置を取る(2)相互に必要な情報を提供する…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

あわせて読みたい

注目の特集