メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 小金井市立はけの森美術館(東京都小金井市) 洋画家の住居も必見 /東京

 JR武蔵小金井駅南口から「はけの道」をしばらく歩く。「はけ」は崖地形を指す言葉。2階建ての美術館の周りには今も武蔵野の木々や水場など豊かな自然が残り、訪れた人を和ませる。

 当地で活動を続けた洋画家、中村研一(1895~1967年)を記念した美術館だ。中村は戦災で東京・代々木のアトリエが焼失し、小金井に移り住んだ。89年に富子夫人が開館した施設を市が寄贈を受け、2006年にオープンした。

 中村による油彩画、素描、陶芸作品のほか、パレットなどの絵画用品や愛用品、関連のある画家の作品も収蔵…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです