特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 久保利明王将-深浦康市九段 第31局の3

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

目薬の爽快感

 考えてみれば長時間にわたり盤面を凝視して戦う棋士は、目を酷使する職業だ。久保、深浦ともに目薬を持参しており、時折、疲労した眼球に目薬をさす。盤の前に長時間座りつづけ、脳内をフル回転で酷使している身体には、目薬をさす行為は多少なりとも疲労を緩和するものなのだろう。

 こちらはただ盤側に座って両棋士と盤面を交互に眺めているだけの気楽な身分ではあるのだが、それでも盤側に座っているだけで疲労を感じるときもある。棋士の疲労感はその何十倍だろうか。そこに時折見せる棋士の目薬シーンは、なんだか乾いた喉にビールを流し込んでいるような爽快感をこち…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文683文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集