わかやま釣り情報

紀中 カンパチ、メジロ、ブリ=宇井晋介 /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

紀南 串本湾でアジ、ヒラメ、マダイ

 訪れた町のスーパーの魚コーナーをのぞくのが楽しい。先日訪れた田辺市のスーパーには大きなイガミ(ブダイ)と並んでアイゴの開きがたくさん並んでいた。どちらも田辺の冬には欠かせない食材。小さな陳列台の上ではあるが、そこには豊かな地方の食文化が垣間見える。

 【紀北】サビキでアジが揚がる(マリーナシティ釣り公園073・448・0020)。長期休園中(和歌山北港073・451・4148)。季節風強く出航少ないが、タイラバでマダイがポツポツ(釣船海竜090・5974・1716)。ノマセでスズキ62~77センチ、メジロ69~84センチ。ルアーで指3本のタチウオ、サゴシの52センチ。エギングで0・5キロ程のコウイカ。他にウマヅラハギ30センチ、マダイ、マアジなど(下津ピアーランド073・494・0940)。

 【紀中】落とし込み連日好調。カンパチ50~51センチ、メジロ・ブリ70~86センチ、オオニベ70センチ、オオスジハタ65~70センチ、マハタ46~48センチ、マトウダイ30~35センチ、ヒラメ47~60センチ、アオハタ34~53センチ(千代丸0738・23・1621)。季節風で荒れる日が多く磯できない日が多いが、フカセでチヌ44センチ。カワハギは21~26センチが1人12~15匹(上野渡船073…

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1301文字)

あわせて読みたい

注目の特集