メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高齢者とともに

ぶどうの家の半年/3 真備で居場所づくり わが家失った利用者支援 /岡山

引っ越しの日、童謡「故郷」を合唱する利用者と津田由起子さん(左から4人目)ら=岡山県倉敷市真備町辻田で2018年10月28日、林田奈々撮影

 豪雨から2カ月が過ぎて9月になると、倉敷市真備町地区の避難所では閉鎖の動きが加速していった。真備町箭田(やた)にあった小規模多機能ホーム「ぶどうの家真備」の利用者らが避難した真備公民館薗(その)分館(真備町市場)も普段の活動を再開するため、長くは借りていられない状況になっていた。

 しかし、分館にはまだ6人が寝泊まりしていた。認知症を抱える日野せつ子さん(71)もその1人。ぶどうの家の支援を受けながら1人暮らしをしていたが、真備町箭田の自宅は屋根まで水につかり、住むことができない。なじみのない仮設住宅に1人で住むことは無理だし、親族も高齢で支援は見込めず、居場所がなかった。

 こうした人たちについて、外部からは「町外のよその施設に入ってもらうべきでは」という意見もあった。だ…

この記事は有料記事です。

残り1124文字(全文1464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  2. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  5. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです