メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019北九州市長選

八幡市民会館、市活用策で解体回避 未来見据えた都市整備 保存と厳しい財政の間で /福岡

 2016年3月に閉館した八幡市民会館(八幡東区)は昨年8月、市が市立埋蔵文化財センター(小倉北区)を移転・入居させる方針を発表して「延命」が決まった。戦後日本を代表する建築家、村野藤吾が設計した建物で、存廃の行方が注目されていた。次世代へのリレーを見据えたまちづくりへの視点が問われる事例となった。【長谷川容子】

この記事は有料記事です。

残り1042文字(全文1199文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです