メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎月勤労統計

不正上塗り 過去にも不正 是正図り抽出開始

 厚生労働省が公表している「毎月勤労統計」の不正調査問題で、東京都内の従業員500人以上の事業所を総務省に無断で全数調査から抽出調査に変更した2004年、厚労省が30~499人の中規模事業所の調査数を増やしていたことが同省への取材で明らかになった。03年までは中規模事業所の抽出数を計画より少なくする不正が行われており、是正を図ったとみられる。しかし、都の調査業務が増えることになり、都の負担軽減のため新たな不正で解消しようとした可能性がある。

 毎月勤労統計は、従業員499人以下の事業所については抽出方式で調べることになっており、厚労省は抽出数を盛り込んだ計画を総務省に提出している。

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  2. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  3. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  4. 東京と北海道で高齢者死亡 相模原、長野、愛知などで新たに15人感染

  5. 「恐怖で世界は一つになる」のか 東京オリンピック危ぶむ声 組織委は火消しに躍起

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです