メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

仏ルノー新体制 「ゴーン後」新たな攻防 連合主導権、日産守勢も

 カルロス・ゴーン被告が仏自動車大手ルノーの会長兼最高経営責任者(CEO)を辞任し、同社の新体制が決まったことを受け、日産自動車との間で三菱自動車を含む3社連合の新たな関係構築を巡る協議が本格化する見通しだ。日産はルノーの新体制への歓迎を表明したものの、両社には提携のあり方について思惑の違いもあり、日仏両政府も巻き込んだ主導権争いが激しさを増しそうだ。

 「責任感とともに将来への情熱を持っている。連合のつながりが維持されるとともに、強化され、将来に向け…

この記事は有料記事です。

残り1912文字(全文2139文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  3. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  4. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発
  5. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです