メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

二つのメガFTA=西川恵

 <kin-gon>

 日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が2月1日に発効する。先月末には環太平洋パートナーシップ協定(TPP、日本など11カ国加盟)が発効しており、日本は保護主義に対抗する二つのメガ自由貿易協定(FTA)を持つことになる。

 日本がFTAにカジを切って20年。ここに至る道のりは長かった。日本は長らく世界貿易機関(WTO)の多国間貿易体制に軸足を置いて、FTAへの転換が遅れた。外務省内のWTO派とFTA派の綱引きと共に、農業の圧力団体をバックにした農水省の強固なFTA反対もあった。

 日本が最初にFTAを考えた相手はメキシコである。1990年代末、メキシコ大統領が来日した折、外務省…

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文1024文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 宮内庁、「高御座」組み立て作業公開 「即位礼正殿の儀」で使用

  5. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです