メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

二つのメガFTA=西川恵

 <kin-gon>

 日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が2月1日に発効する。先月末には環太平洋パートナーシップ協定(TPP、日本など11カ国加盟)が発効しており、日本は保護主義に対抗する二つのメガ自由貿易協定(FTA)を持つことになる。

 日本がFTAにカジを切って20年。ここに至る道のりは長かった。日本は長らく世界貿易機関(WTO)の多国間貿易体制に軸足を置いて、FTAへの転換が遅れた。外務省内のWTO派とFTA派の綱引きと共に、農業の圧力団体をバックにした農水省の強固なFTA反対もあった。

 日本が最初にFTAを考えた相手はメキシコである。1990年代末、メキシコ大統領が来日した折、外務省…

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文1024文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです