メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊・時論フォーラム

IWC脱退/統計不正/FCLP移転

自民党の捕鯨議員連盟総会で議員らの昼食用に出された鯨肉の竜田揚げ。奥中央はあいさつする吉川貴盛農相=東京都千代田区の自民党本部で2018年12月26日、川田雅浩撮影

 国際機関からの脱退。行政による大規模な不正、民意を顧みない安全保障政策--。日本は今、国内外とも大きな節目を迎えている。吉田徹氏は国際捕鯨委員会(IWC)離脱を決めた政府に国際協調への姿勢を問う。井手英策氏は地に落ちた政府への信頼回復について野党の役割を説き、石原俊氏は安保体制に翻弄(ほんろう)されてきた硫黄島民への差別是正を訴えた。

この記事は有料記事です。

残り4662文字(全文4831文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです