メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成経緯文書

公開時期なお未定 専門家「想定外の運用」

 「平成」への改元の経緯の文書が、国立公文書館に移管される時期が「2044年3月末」から、今年3月末に早まった。公文書管理法が作成から「1~30年後」の移管を求めているためだ。ただ同法は、理由と期間を首相に報告する手続きをすれば、保存期間を延長することも認めている。移管後も、内閣府側が公開制限を求める意見を付けるのが可能だ。文書が移管されたり、公開されたりす…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  2. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです