メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

トランプ大統領就任2年 同盟損ねる米国第一主義=高本耕太(北米総局・ワシントン)

連邦政府の一部閉鎖や国境の壁建設に関し、ホワイトハウスで声明を読み上げるトランプ米大統領=ワシントンで19日、AP

 トランプ米大統領の就任から20日で2年が経過し、政権は任期の折り返しを迎えた。自身の支持層だけを意識した数々の内向きな政策判断は、米国の政治・社会に混乱と機能不全をもたらしている。2020年大統領選での再選を意識し先鋭化する「米国第一主義」は、国際社会や日米関係へのリスクでもあることを改めて指摘したい。

 「国境沿いの牧場主が『礼拝用じゅうたんを見つけた』と言っている」

この記事は有料記事です。

残り1810文字(全文1996文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです