メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

トランプ大統領就任2年 同盟損ねる米国第一主義=高本耕太(北米総局・ワシントン)

連邦政府の一部閉鎖や国境の壁建設に関し、ホワイトハウスで声明を読み上げるトランプ米大統領=ワシントンで19日、AP

 トランプ米大統領の就任から20日で2年が経過し、政権は任期の折り返しを迎えた。自身の支持層だけを意識した数々の内向きな政策判断は、米国の政治・社会に混乱と機能不全をもたらしている。2020年大統領選での再選を意識し先鋭化する「米国第一主義」は、国際社会や日米関係へのリスクでもあることを改めて指摘したい。

 「国境沿いの牧場主が『礼拝用じゅうたんを見つけた』と言っている」

この記事は有料記事です。

残り1810文字(全文1996文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. HDD情報流出 逮捕の容疑者「転売目的で盗んだ」「中身は不明」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです