メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
太陽光電力

争奪戦 買い取り義務、11月以降終了 企業は環境面重視を 京都大大学院 安田陽・特任教授の話

 高額買い取り期間が終了する家庭用太陽光は今年以降、毎年約100万キロワットずつ増えていくと予想され、発電容量としては原発1基分に相当する規模だ。電気が市場に出回ることで、透明で公正な取引の発展と料金の低下に向け確実に良いインパクトをもたらす。

 家庭用太陽光の争奪戦が小売会社間で激しくなっているが、過度の買い取り価格釣…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです