メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

任せてみる勇気=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

 気仙沼ニッティングで最近、20代のスタッフを何人か採用した。編み手の多くは50代以上、これまでのスタッフも30代以上だったこともあり、20代のスタッフは若く見え、やっていけるだろうかと少し心配もした。しかしふたを開けてみれば、本人たちは実に落ち着いていて、頼もしく仕事をしてくれている。「ああ、立派だなあ。若いのに大丈夫だろうかなんて、思ってはいけないなあ」と思いながら、ふと気づいた。私は28歳のときに社長になったのだ。

 当時は一人前な気がしていたが、周囲からは、どれだけ子どもに見えていたことだろう。それでも任せてくれた人がいて、応援してくれた人がいて、ついてきてくれた人たちがいたのだ。大変な勇気がいったことと思う。

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです