メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
気になる!保育所

「企業主導型」見直し急務

保育士の一斉退職で一時休園した企業主導型保育所=東京都世田谷区で昨年11月

 国が待機児童対策の切り札として始めた「企業主導型保育所」の運用が見直されている。背景には、制度開始からわずか2年で定員割れや休園といったトラブルが相次いで表面化したことがある。国は「質の確保」を強調し、年度内の制度改善に向け検討を急いでいる。

 「こんなことになるなんて……」

 昨年10月末、東京都世田谷区の企業主導型保育所2カ所で保育士が一斉に退職した。うち1カ所は休園。預けられていた子どもたちは転園したり、親が別の預け先を探して奔走したりした。「どうしようもない。ほかが簡単に見つかるわけでもないし……」。2歳の長男の一時転園を余儀なくされた父親は、ため息をついた。

 関係者らによると、この2園を経営する会社は、職員への給与未払いや家賃滞納があったという。会社社長(…

この記事は有料記事です。

残り1976文字(全文2312文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです