メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラインブレーク

ラグビーW杯日本大会 第1部 ジャパンの足跡/3 1995年南アフリカ大会 桜庭吉彦さん

1995年のW杯ニュージーランド大会でニュージーランドに大敗した日本=ロイター共同

強化、目覚めた145失点

 17-145。ワールドカップ(W杯)史上最多失点を喫し、日本はニュージーランドに敗れた。1995年の第3回南アフリカ大会1次リーグ最終戦。FWで先発出場した釜石シーウェイブスのゼネラルマネジャー兼監督、桜庭吉彦さん(52)は「ラグビー人生で最も悔しい試合の一つ」としつつ、日本ラグビー界がW杯で勝つための強化を見直した原点と位置づける。【聞き手・角田直哉】

 今でも95年のニュージーランド戦は、忘れられない。「とても後悔の残る試合」だった。勝負に対する厳し…

この記事は有料記事です。

残り1014文字(全文1255文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです