メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この空の下で

それぞれの移住物語 福岡県糸島市 ママトコラボ理事・佐藤倫子さん

ママライター育成講座の受講生と談笑する佐藤倫子さん(左)と尾崎恭子さん(中央)=福岡県糸島市の「ママトコワーキングスペース」で、村瀬優子撮影

ママ記者育成、社会へ発信

 人口158万人の福岡市に隣接し、玄界灘に面した美しい海岸が広がる福岡県糸島市。都心へのアクセスの良さや豊かな自然環境が魅力で、子育て世代の移住が増えている。

 糸島市では昨年度から、0~18歳の子供がいる母親を対象に「ママライター育成講座」を始めた。受講生の大半が移住者。地元の情報を取材しながら、地域との関わりを深めているという。市の事業で講座を運営する一般社団法人「ママトコラボ」の理事で、市に取り組みを提案した佐藤倫子(みちこ)さん(48)も移住者と聞き、自宅や講座の現場を訪ねた。

この記事は有料記事です。

残り1412文字(全文1668文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです