メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

氷像、幻想的に 「氷濤まつり」25日開幕 北海道・支笏湖畔 

ライトアップされ、幻想的に浮かび上がった氷像=北海道千歳市支笏湖温泉で2019年1月24日、阿部義正撮影

 真冬の北海道千歳市・支笏湖畔を彩る恒例の「氷濤(ひょうとう)まつり」開幕を控えた24日夜、支笏湖温泉の会場で夜間ライトアップの試験点灯があり、湖水を吹き付けて凍らせた大小約30基の氷のオブジェが赤や青、緑などさまざまな色で幻想的に浮かび上がった。

 25日~2月17日の24日間開かれ、午後4時半~午後10時はライトアップが楽しめる。花火打ち上げ(土・日・祝日の午後6時半から)や氷切りゲーム大会、氷上結婚式などのイベントもある。協力金として300円。

 今回は、2月2日午後1時半から屋外特設リングでプロレス特別試合がある。札幌市出身の選手が代表を務めるプロレス団体「北海道プロレス」の旗揚げマッチで、選手たちは「北海道の復興のお役に立ちたい。皆さんに少しでも元気になってほしい」と意気込む。観戦無料で試合後は選手との記念撮影もある。【阿部義正】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  2. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  3. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  4. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す
  5. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです