メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

氷像、幻想的に 「氷濤まつり」25日開幕 北海道・支笏湖畔 

ライトアップされ、幻想的に浮かび上がった氷像=北海道千歳市支笏湖温泉で2019年1月24日、阿部義正撮影

 真冬の北海道千歳市・支笏湖畔を彩る恒例の「氷濤(ひょうとう)まつり」開幕を控えた24日夜、支笏湖温泉の会場で夜間ライトアップの試験点灯があり、湖水を吹き付けて凍らせた大小約30基の氷のオブジェが赤や青、緑などさまざまな色で幻想的に浮かび上がった。

 25日~2月17日の24日間開かれ、午後4時半~午…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文373文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道の町役場でクラスター 来庁者立ち入り禁止、半数欠勤 正常化へ2週間

  2. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  3. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです