“小さな命”安らかに 保護の犬や猫、自宅で25体安置 元原発作業員

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
赤間徹さん(右)の自宅に安置される犬や猫の骨つぼ=福島県浪江町で、宮武祐希撮影
赤間徹さん(右)の自宅に安置される犬や猫の骨つぼ=福島県浪江町で、宮武祐希撮影

 棚に並ぶ小さな骨つぼ。福島第1原発事故による避難で飼い主と引き離されるなどして死んだ犬や猫25体が、福島県浪江町の赤間徹さん(56)宅に安置されている。「早く飼い主が見つかり、安らかに埋葬されてほしい」

 赤間さんは元原発作業員。高校卒業後、地元の建設会社に就職し、保守点検や溶接などに従事した。「生活を支えてくれる原発で働くことは自然な流れ」だったが、その暮らしを一変させる事故が起きた。

 2次避難の際、飼い主が避難所に向かうバスに乗せられず放した犬や猫たちが雪の降る中、道いっぱいに広がり消えゆく光景が目に焼き付いた。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文491文字)

あわせて読みたい

注目の特集