メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

航空機誘導業務者も酒気検査 成田空港会社が義務化

 航空会社のパイロットや客室乗務員の飲酒による不祥事が相次いだことを受け、成田空港(千葉県成田市)を運営する成田国際空港会社(NAA)は、航空機の地上走行の誘導や駐機場管理にあたるランプコントローラー(航空機誘導業務者)の社員にアルコール呼気検査を義務付けた。昨年12月27日から実施しており、微量でもアルコール濃度が検出されたら飲酒の有無などを確認し状態次第で業務を禁じる。

 NAAは「安全な航空機誘導業務を遂行するため、明晰(めいせき)な判断力を保持する必要がある。アルコ…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです