サンゴ、緑に光り共生の藻を誘う 基礎生物研が解明

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
青い光を当てると緑色に光るサンゴ=基礎生物学研究所提供
青い光を当てると緑色に光るサンゴ=基礎生物学研究所提供

 サンゴは緑色に光ることで、体内に共生し栄養を供給してくれる「褐虫藻(かっちゅうそう)」を引き寄せていることを、自然科学研究機構・基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)などの研究チームが明らかにした。地球温暖化に伴う海水温上昇で褐虫藻を失い「白化」したサンゴの回復に役立つ可能性がある成果という。米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。

 サンゴと植物プランクトンの褐虫藻は互いに栄養分を供給しながら生きる共生関係にあるが、サンゴが海中の褐虫藻をどのようにして集めているかはナゾだった。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文591文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集