木材、コンクリ……どこでもQR 半永久的に使用可能 立命館大チーム

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
木材に穴を開けて作ったQRコード。スマートフォンをかざすと情報が読み取れる=京都市中京区の立命館大朱雀キャンパスで
木材に穴を開けて作ったQRコード。スマートフォンをかざすと情報が読み取れる=京都市中京区の立命館大朱雀キャンパスで

 木材やコンクリートに微小な穴を開け、半永久的に使用できる二次元コードを立命館大の研究チームが開発した。劣化しにくく、従来より目立たないのが特長で、建物などに施工日などの情報を登録できるほか、文化財の案内板などにさりげなく施すこともできる。ニュージーランドで開かれた電子情報通信国際会議で成果を報告した。

 QRコードで知られる二次元コードは漢字や英字、数字などのデータを記録できる。スマートフォンなどで読み取ることで情報が入手でき、ホームページへの誘導や物流の管理などのほか、最近は決済にも利用されている。

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文596文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集