メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザ患者数大幅増、流行ピークに

 厚生労働省は25日、全国約5000の定点医療機関から報告されたインフルエンザの患者数が、14~20日の1週間で1医療機関当たり53.91人になったと発表した。前の週(38.54人)から大きく増え、過去2番目に多くなった。今冬も流行のピークを迎えているとみられる。

 この1週間で医療機関にかかった患者は全国で推計213万人に上り、前週より約50万人増えた。今冬の累計は542万人。年齢別に見ると、5~9歳が35万人、10~14…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文533文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです