メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「未必の故意」の殺意認定 懲役16年判決 堺あおり裁判

 堺市南区で昨年7月、車のあおり運転でオートバイに追突し、大学4年の高田拓海さん(当時22歳)を殺害したとして殺人罪に問われた同市の元警備員、中村精寛(あきひろ)被告(40)の裁判員裁判で、大阪地裁堺支部は25日、懲役16年(求刑・懲役18年)の判決を言い渡した。安永武央裁判長は「あえて衝突させ、被害者が死んでも構わないという気持ちが表れている」と未必の故意による殺意を認定した。

 あおり運転は2017年6月に神奈川県の東名高速道路で停車させられた夫婦が後続車に追突され死亡するな…

この記事は有料記事です。

残り920文字(全文1161文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  5. ORICON NEWS 山口真帆、卒業後初TVでマカオ旅を満喫 タイプの男性は「自分に厳しく頑張ってる人」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです