メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東洋大、竹中平蔵氏批判の学生に「退学」勧告? 立て看板とビラ配布

竹中平蔵氏を批判する立て看板=東洋大立て看同好会のツイッターアカウントから引用

 東洋大白山キャンパス(東京都文京区)で、一人の学生が、同大国際学部教授の竹中平蔵氏を批判する立て看板を掲示し、ビラをまいた。竹中氏は小泉政権時代に構造改革や規制緩和を主導した経済学者だ。学生の抗議活動は大学側により直ちに中止させられた。学生は「大学から退学を勧告された」と訴え、毎日新聞の取材に「おかしいことをおかしいと言えないのは、おかしい」と大学を批判する。大学側は退学させることはないとしている。【大村健一/統合デジタル取材センター】

 学生は東洋大文学部哲学科4年の船橋秀人さん(23)。彼によると経緯はこうだ。

 1月21日午前9時ごろ、白山キャンパスの南門付近で、一人で「竹中平蔵による授業反対!」と大書した立て看板を設置し、竹中氏を批判するビラを学生たちにまき始めた。

この記事は有料記事です。

残り2467文字(全文2807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

  5. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです