メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「首相の記録、公文書館に一括保存を」 福田元首相が提言

首相の文書管理の意義について話す福田康夫元首相=東京都港区で2018年12月18日、竹内紀臣撮影

 首相が政策判断に使った公文書が、廃棄や散逸の恐れにさらされている。首相が退任する際に保存するルールがないためだ。公文書管理法制定を主導した福田康夫元首相(82)は取材に応じ、ルール作りとともに、最終的な保存場所を国立公文書館に一本化するよう提言した。官邸や公邸の記録管理のあり方に一石を投じる提言の真意を聞いた。【大場弘行、松本惇】

 ――首相の記録を保存するルールはなぜ必要なのですか。

 ◆ルールを作らないと保存しないからだ。日本の政治、行政のトップがしたことが分かる記録は残っていて当然。米国では政府が徹底して残している。日本の場合、首相が代わると首相執務室内の書類は一切残さず、空っぽにして次の首相に引き渡すという慣習がある。首相の中には、自宅や事務所に持ち帰る人もいる一方で、一銭の価値もないと思って捨ててしまう人や、誰かがきっと持っているだろうから、いらないという人もいる。官邸…

この記事は有料記事です。

残り2825文字(全文3219文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  4. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです