メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「首相の記録、公文書館に一括保存を」 福田元首相が提言

首相の文書管理の意義について話す福田康夫元首相=東京都港区で2018年12月18日、竹内紀臣撮影

 首相が政策判断に使った公文書が、廃棄や散逸の恐れにさらされている。首相が退任する際に保存するルールがないためだ。公文書管理法制定を主導した福田康夫元首相(82)は取材に応じ、ルール作りとともに、最終的な保存場所を国立公文書館に一本化するよう提言した。官邸や公邸の記録管理のあり方に一石を投じる提言の真意を聞いた。【大場弘行、松本惇】

この記事は有料記事です。

残り3052文字(全文3219文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです