「首相の記録、公文書館に一括保存を」 福田元首相が提言

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
首相の文書管理の意義について話す福田康夫元首相=東京都港区で2018年12月18日、竹内紀臣撮影
首相の文書管理の意義について話す福田康夫元首相=東京都港区で2018年12月18日、竹内紀臣撮影

 首相が政策判断に使った公文書が、廃棄や散逸の恐れにさらされている。首相が退任する際に保存するルールがないためだ。公文書管理法制定を主導した福田康夫元首相(82)は取材に応じ、ルール作りとともに、最終的な保存場所を国立公文書館に一本化するよう提言した。官邸や公邸の記録管理のあり方に一石を投じる提言の真意を聞いた。【大場弘行、松本惇】

この記事は有料記事です。

残り3052文字(全文3219文字)

あわせて読みたい

ニュース特集